メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京女子大

「方言チャート番外編 県人度判定」 篠崎ゼミが公開

「方言チャート番外編 県人度判定」のトップ画像

[PR]

「方言チャート番外編 県人度判定」のQRコード

 東京女子大現代教養学部人文学科日本文学専攻の篠崎晃一教授と同ゼミに所属する学生たちは、ウェブサービス「方言チャート番外編 県人度判定」をリリースした。同サービスは、蓄積された回答データを活用し、方言の使用状況からユーザーの「県人度」を判定できる。

 篠崎教授は方言学と社会言語学が専門で、方言を含めた現代日本語のバラエティーや、各地の言語変化の動向について研究している。近年は言語行動やコミュニケーション場面の地域差にも着目している。

 ゼミでは研究成果の一環として、2013年に「出身地鑑定!!方言チャート」を公開し、その後シリーズとして継続的に取り組んでいる。現在、「47都道府県版」とアップデートした「方言チャート 100PLUS II EX」が公開されている。同シリーズは2択の質問に答えていくだけで回答者の出身地を当てることができ、公開以来、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで人気を集めてきた。

 今回、リリースされた「県人度判定」では、4択の質問に答えることで、方言の使用状況から見たユーザーの「県人度」を判定できる。県人度の算出にあたっては、数値解析学が専門で同大現代教養学部数理科学科情報理学専攻の荻田武史教授の協力を得た。

 「方言チャート番外編 県人度判定」は専用ウェブページで見ることができる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです