メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

大学野球全日本選手権 38年ぶり6度目の優勝

優勝を決め、完投した森下投手(中央)に駆け寄る明治大の選手たち

 第68回全日本大学野球選手権の決勝が6月17日、神宮球場であり、明治大(東京六)が初優勝を目指した佛教大(京滋)を6―1で降し、38年ぶり6回目の優勝を果たした。

 明大は三回、相手のミスに乗じて3点を先取。九回は喜多真吾内野手(4年・広陵)の3点二塁打で突き放した。エース森下暢仁投手(4年・大分商)が1失点完投した。

 2完投で防御率0・50の森下投手が最高殊勲選手賞と最優秀投手賞に選ばれた。首位打者賞は明大の北本一樹内野手(4年・二松学舎大付)が打率5割3分8厘(13打数7安打)で獲得。敢闘賞は救援で3勝を挙げた佛教大の木下隆也投手(2年・奈良大付)。16回目の出場で初めて4強入りした東京農業大北海道オホーツク(北海道)に特別賞が贈られた。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文791文字)

明治大

公式HP:http://www.meiji.ac.jp/
所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
電 話:03-3296-4545

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです