メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東海大

熊本地震 下宿の味、被災の南阿蘇村で黒川地区住民ら「復興弁当」

弁当の受け渡しをする地区の女性(左)と東海大の学生(中)と大学教員

 3年前の熊本地震で東海大学農学部のキャンパスなどが被災した熊本県南阿蘇村黒川で、学生の下宿を経営していた地元住民ら18人で作る「すがるの里」が、先月から同大学内で弁当を販売している。「復興弁当」と名付けられ、下宿のまかない飯の味が詰められている。

 弁当販売は、同キャンパスが同大の阿蘇実習フィールドとして3月に再開したのがきっかけ。キャンパス内に二つあった食堂はなくなり、熊本市内に移転した農学部から実習に来る学生は弁当を持ち込むしかなかった。

 黒川地区は、被災前は800人の学生が暮らしていた下宿街。再び地域に活力を生み出そうという住民の動き…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文609文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです