メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪学院大

全国大学ゴルフ対抗戦で念願の初優勝

胴上げして初優勝を喜ぶゴルフ部員たち

[PR]

 大阪学院大は6月20、21日に苫小牧ゴルフリゾート72エミナゴルフクラブ(北海道苫小牧市)で開かれた第56回全国大学ゴルフ対抗戦で念願の初優勝を果たした。1打差の首位でスタートした同大は一時、猛追する東北福祉大や日本大に逆転される厳しい展開となったが、合計544ストロークの1打差で逃げ切った。

優勝したゴルフ部のメンバー

 大阪学院大は2016年もこの大会で優勝を争った。2位でスタートした最終日に逆転してトップを独走していたが、雷のために競技が中止となり、ラウンドが成立せず初優勝を逃していた。

 大嶋炎主将(4年・岡山県作陽高出身)は優勝を逃したときは1年生で、悔しがる先輩の姿を見ていた。「最終学年の今年は、何としても優勝したいと思っていたので、とてもうれしい。これで満足せずに、信夫杯争奪日本大学ゴルフ対抗戦でも優勝を狙いたい」と語った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです