メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ
大学倶楽部・日本薬科大

マレーシア科学大と協定 事務職員の相互交流も

学術交流協定を締結する都築稔副学長(左から3番目)とUSMのアズマ副総長(右から3番目)

[PR]

マレーシア初の女性副総長、アズマ副総長

 日本薬科大は6月17日、マレーシア・マレーシア科学大(Universiti Sains Malaysia 、略称USM)薬学部と国際学術交流協定を締結した。今後、両大学間の教員同士の教育研究に関する学術交流や学生の交換留学、事務職員の交流を活発に進めていく。

 USMはマレーシア北部ペナン州のペナン島に立地する国立総合大学。国内で2番目に設立された高等教育機関で、現在は薬学部を含め26学部ある。今年は創立50周年の節目の年にあたり、埼玉県国際課からの紹介で今回の締結が実現した。日本薬科大のマレーシアの大学との国際学術交流協定は、2017年9月に締結したセギ大、18年2月に締結したUCSI大に続き3例目となる。

 日本薬科大は10年前から台湾(中国医薬大学など)との学生・教員交流を実施している。さらに留学生の受け入れ、送り出しをより強化するため、来年度春に国際課の設置を検討しており、その足がかりとして本協定を結び、事務職員の相互派遣をする。国外の大学と事務職員の派遣で連携するのは珍しく、外国人材受け入れを推進している国内情勢に合わせて、大学の国際化を打ち出すため体制を整える。

 USMで行われた締結式で、日本薬科大の都築稔副学長は「両大学間の交換留学などの学生交流や教員による学術交流および事務職員の交流が活発になることを期待したい」と語った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです