メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

「工学院大学ソーラーチーム」世界大会参戦の新車両を初公開

世界大会に挑む新車両「Eagle」

[PR]

 工学院大学の学生プロジェクト「工学院大学ソーラーチーム」が、10月にオーストラリアで開催される世界最高峰のソーラーカーレース「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に参戦する新車両を6月27日の記者発表会で初公開した。新車両には学内で開発した「プラスチックを紫外線劣化から守る」日本初のナノテク塗装など、さまざまな最先端素材・技術が導入されている。

     「工学院大学ソーラーチーム」は世界大会出場を機に年々スケールアップし、今年で設立10周年を迎える。産学連携により約50のサポート企業から最先端素材・技術の支援を受けるほか、2017年に設立した「総合研究所ソーラービークル研究センター」からも、各分野で先端研究に取り組む教員陣がアドバイザーとなって学部・学科の枠を超えた横断的な技術支援を展開している。学内のものづくりの施設を最大限に活用し、学生が自ら設計・製作を行い5号機「Eagle」を完成させた。

     今回、チームにとって4度目の参戦となる世界大会「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」は、オーストラリア大陸を北から南へ全長約3000キロを縦断する、2年に1度の世界最高峰のソーラーカーレース。チームは、17年の前回大会でチャレンジャークラス7位、15年大会でクルーザークラス準優勝の実績を残している。

     今回は空気抵抗を大きく改善した車両で、チャレンジャークラス優勝を目指す。7月13、14日には国内テストコースでの試走を予定している。

    工学院大

    公式HP:http://www.kogakuin.ac.jp/
    所在地:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
    電 話:03-3340-1498

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

    3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

    5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです