メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪国際大

「性を科学する!」公開講座 古代の性差学ぶ

講義で「左右」の意味するものを語る笠井敏光教授

[PR]

興味深そうに講義を聴く参加者たち
土偶を見せて性について語る笠井教授

 大阪国際大は6月22日、公開講座「性を科学する!」を開いた。238人が受講し、土偶や墓を通して古代の日本の性について学んだ。

     この講座は、さまざまな学部学科に所属する教員6人がそれぞれの専門分野から「性」を科学するオムニバス講座で、これまでの固定観念をなくし、多様な視点で「性」について考察する。4月13日に第1回の講座が始まり、今回が3回目。これまで「生物の性の分化」や「香り」をテーマに開いている。

     第3回は「男と女の考古学」と題し、国際教養学部国際観光学科の笠井敏光教授が講義した。現代の日常生活の中で「左右」を意識するクイズに始まり、古代の土偶に見る性や、古墳の埋葬者の男女を見分ける方法、左右の並び方の意味などを教え、土偶や墓を通して古代の日本における性差について考えた。受講生からは「話術が素晴らしい」「古墳考古学への興味が強くなるお話だった」といった感想が寄せられた。

     第4回は7月6日で、国際教養学部国際コミュニケーション学科の斎藤由紀教授が「女性は男性に従うもの?-英国ヴィクトリア朝時代の女性の立場-」をテーマに講義する。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

    4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

    5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです