メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・名古屋市立大

郡学長が科研費獲得セミナーで講演 都内で 公立大学協会主催

公立大学協会主催の科研費獲得セミナーで講演する郡健二郎学長

[PR]

 名古屋市立大学の郡健二郎学長が7月2日、東京都千代田区の学術総合センターで開催された「科学研究費(科研費)獲得セミナー」(公立大学協会主催、毎日新聞社共催)で講演した。

 郡学長は泌尿器科学分野で同大を科研費採択件数全国1位にした実績を持ち、2016年7月に「科研費 採択される3要素」(医学書院)を出版。同書は累計7刷と版を重ねており、専門書としては異例のロングセラーとなっている。

 セミナーには協会加盟の45大学から67人が参加した。郡学長は、科研費採択の条件として「研究課題の選び方・書き方」「『概要』の書き方」の二つが大きなウエートを占めると解説。研究課題をわかりやすく示すため、キーワードを的確に入れることなどを具体例を提示しながら話した。概要の書き方に関しては、起承転結を基本としながら、研究の目的や方法、概要を簡潔に書くことが大事だとアドバイスした。

 科研費は人文、社会、自然科学の各分野での審査を経て助成される。近年、大学や研究機関にとって、その獲得は研究や若手研究者の育成に欠かせないものになっている。

 5月まで公立大学協会会長を務めていた郡学長は「少子化が進む中で、公立大学も地域貢献だけでは成り立たなくなっている。これからは、研究力もつけていく必要がある」と力説した。【中根正義】

名古屋市立大

公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
電 話:052-853-8328

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです