メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

「イノベーション・ジャパン2019」に出展

[PR]

 工学院大学は、JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)とNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が主催する国内最大規模の産学マッチングイベント「イノベーション・ジャパン2019」に出展する。

     採択された「大学等シーズ展示」の27テーマは、全国の国公私立大学の中で第1位の採択数で、また全11分野のうち9分野において、社会が注目する最先端の研究シーズと認められた。このうち、25件はショートプレゼンにも採択された。研究に学生が関わっていることはもちろん、本イベントで企業における第一線研究者らと大学院生・学部生が直接議論できる場として教育効果を得ることができる。

     本年は、都市災害の低減と被災時の速やかな復旧を支援する技術開発が12年目を迎え、また4月からは超高齢社会において直面するさまざまな課題の解決を目的に、教育・研究拠点を新設する「共生工学研究センター」が始動するなど、社会・産業と最先端の学問を幅広くつなぐ研究を展開している。

     例えば防災に関する研究では、都市災害の低減と被災時の素早い復旧を目的に、08年度に新宿区の防災計画策定をスタートし、訓練・研究を継続している。16年度には「巨大都市・複合災害に対する建築・情報学融合によるエリア防災活動支援技術の開発と社会実装」が文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」に選定され、最終年度となる19年度は、高層ビルでの地震発生後を想定した自衛消防訓練用VRや、災害活動拠点の運営を助けるキットが完成予定だ。

     「イノベーション・ジャパン2019」では村上正浩教授、田村雅紀教授が関連の展示とショートプレゼンを担当する。超高齢社会・人口減少社会に貢献する取り組みとしては、4月に「共生工学研究センター」を立ち上げ、共生工学の教育・研究拠点として始動。このように、工学院大学では、今後も社会・産業と学問をつなぐ展開が期待されている。

    工学院大

    公式HP:http://www.kogakuin.ac.jp/
    所在地:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
    電 話:03-3340-1498

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

    2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです