メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・桜美林大

「航空・マネジメント学群」 2020年4月に新設

[PR]

 桜美林学園が文部科学省に申請していた新学群「航空・マネジメント学群」(入学定員140人、収容定員560人)の開設が、6月28日に認められた。

     同大は2008年にパイロットを養成する「フライト・オペレーションコース」を開設。現在まで100人を超えるパイロットを輩出してきた。新しい学群には、「フライト・オペレーションコース」に加え、国内の大学として初の教育課程となる三つのコースを新たに設置。航空管制の知識に必要な職域に携わる人材を育成する「航空管制コース」、航空機や装備品整備の品質、技術、生産管理を行う整備管理業務のプロを育成する「整備管理コース」、空港の管理、運用や経営に携わる人材を育成する「空港マネジメントコース」を新設し、四つのフィールドを教育の柱に、20年4月の開設を予定している。

     新学群設置の背景には、航空需要の高まりがある。政府は訪日観光客を30年には6000万人にする目標を掲げている。ボーイング社など世界を代表する航空会社は、航空機数や航空輸送量の増加を予想している。全国的に空港の民営化が進む中、今後の航空業界を支える高度な専門性を備えた「航空各分野のプロフェッショナル」を育成することが目的だ。

     専攻するコースに関係なく、航空に携わる上で共通の知識となる国際法、国内法、航空機、飛行、運航の基礎などを学び、それぞれの専攻科目を学ぶカリキュラムを用意。これまでと同様に、「フライト・オペレーションコース」の学生は、2年次秋学期から3年次秋学期まで、米国で実技訓練を行う。新しく設置される3コースにおいても、2年次秋学期には海外研修を必修とし、将来、航空業界で働く上で必須の知見と英語力を強化する。

    桜美林大

    公式HP:http://www.obirin.ac.jp/
    所在地:〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
    電 話:042-797-1583

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです