メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・愛知大

韓日スピーチ大会を開催

韓日スピーチ大会2019チラシ

[PR]

主催者と出場者全員で記念撮影

 愛知大学は、駐名古屋大韓民国総領事杯「韓日スピーチ大会2019」(駐名古屋大韓民国総領事館、一般社団法人日韓経済文化交流協会主催、愛知大学共催)を6月29日、名古屋キャンパスで開催した。15年の韓日国交正常化50周年の記念事業として韓国籍、日本籍の学生がそれぞれ相手国側の言語でスピーチを行い、双方の立場でより深く互いを理解し交流を深めることを目的に、毎年本学で行っている。

 出場したのは、書類選考を通過した12人で「私が想う日本と韓国の未来」をテーマに政治、経済、生活、文化、スポーツ、音楽など、広いジャンルの中から、各自がそれぞれの思いを込めスピーチを行った。

 最優秀賞には愛知学院大の長谷川このみさん、優秀賞には愛知大の榊原優芽さん、日韓経済文化交流協会賞には愛知学院大の石川恵実さんが選ばれた。他にも県内の中学生、高校生も含めた学生がスピーチを行ったが、韓流アイドルや音楽、友人関係などをきっかけに学習を始め、頻繁に現地を行き来し、人的な交流や文化への理解などを深めている参加者が多い印象だった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです