メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

人文科学研究所公開講演会 矢野前学長の研究振り返る

荒木敏夫名誉教授

[PR]

西宮秀紀愛教大名誉教授
田中禎昭准教授

 日本古代の祭祀(さいし)・宗教史研究の第一人者だった前専修大学長の故矢野建一氏(元文学部教授)の研究業績を振り返る人文科学研究所第2回公開講演会が6月15日、生田キャンパスで開かれた。歴史ファン約100人が熱心に耳を傾け、矢野氏の研究の一端に触れた。

 矢野氏は専門分野に対する視野が広く、古代地域史・仏教史・民衆史、さらには古代東アジア史にまで領域に入れて取り組んだ。中国で2004年、「日本」国号を刻んだ遣唐留学生・井真成(せい・しんせい)の墓誌を最初に発見した一人でもある。16年4月に急逝し、昨年11月に遺稿論文集「日本古代の宗教と社会」(塙書房)がゆかりの人々の手によって刊行され、改めて注目されている。

 講演会では佐々木重人学長のあいさつに引き続き、矢野氏と深く関わっていた日本古代史研究家3氏が登壇した。専大の同僚として三十数年来交流があった荒木敏夫名誉教授は、戦後、日本古代史研究は天皇を中心とした歴史観である「皇国史観」から解放され、その洗礼を受けたのが矢野氏だったと説明。矢野氏は大学で日本中世史を学び、大学院で日本古代史を研究し、1977年、多度大社(三重県桑名市)の神仏習合についての研究で一躍脚光を浴びた。荒木氏は「彼の研究は綿密な実証に基づいていた。着想が豊かで、古代の祭祀・宗教を社会全体の動きの中でとらえようとした。そこに独自性がある」と指摘した。

 矢野氏の研究仲間だった西宮秀紀氏(愛知教育大名誉教授)は律令国家と祭祀研究について、続いて矢野氏から指導を受けてきた田中禎昭文学部准教授が古代村落史研究について解説した。矢野氏の古代祭祀研究について、西宮名誉教授は「内容が実に多彩で豊かであるため、一部の論文や論点だけ触れたのでは真意をとらえきれない」と語った。田中准教授は「豊かな構想力で多面的に論理を展開している。研究の『総論』に至る前に急逝されたことが惜しまれる」と結んだ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです