メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京女子大

女性の主体的な生き方応援 9月から自分デザイン講座

自分デザイン講座のちらし

[PR]

 東京女子大学エンパワーメント・センターは9月、自分らしい社会との関わり方を改めて考えたい女性たちに向けた連続講座(全10回)を開講する。仕事や家庭生活、地域社会との関わりなどを含めたライフキャリアを主体的に考えるきっかけを提供するのが狙いで、受講生を募集している。

 短大や4年制大学を卒業して就業しながら、さまざまな事情で仕事をやめたり、次のライフステージに向け悩んでいたりする女性がいる。また、社会との積極的な関わりを求めながら、その方法が分からなかったり、一歩足を踏み出せなかったりする女性もいる。講座はさまざまな人生の悩みを抱える女性たちに考えるきっかけを提供し、それぞれの新たな一歩を後押ししようと企画した。

 講座名は「自分デザイン講座―人生(ライフキャリア)を切り拓(ひら)くヒントを探す」。経験豊富な講師陣による講義と、自ら人生を開拓してきた女性たちによるトークの2本立て。女性を取り巻く社会状況▽社会と積極的に関わっていく上で必要なコミュニケーションスキルやITリテラシー▽女性のライフキャリアに特に関わりの深い社会制度や心身の健康――などについて学ぶ機会を提供する。さらに、自分自身の経験を振り返るワークショップやさまざまな形で活動する女性たちとの交流を通し、今後のライフキャリアのイメージ作りにつなげる。同講座終了後は希望者に対し、求人票の見方、ハローワーク活用術などのフォロー講座を開くことも予定している。

 同大エンパワーメント・センターは「女性活躍が注目されているが、何が活躍か、何が自分らしい社会との関わり方か、その答えは一人ひとり違うはずだ」と強調する。「自分デザイン講座は狭い意味での再就職準備講座やハウツー講座ではない。転機にある女性たちに自分自身と社会とのかかわりを見つめ直し、じっくり考える時間を提供することで、主体的に人生を切り開くことを広い視野から応援したい」と話している。

 開講日は9月4~19日の火、水、木、金曜日で、時間は午前9時半~正午。4年制大学または短大卒業者で就業経験のある女性が対象(定員24人)。参加費は1万円。申し込みはメールで受け付ける。託児あり。先着5人、費用別途。詳細は同大ホームページ。問い合わせは同センター(電話03・5382・6832、E-mail:ec-initiative@lab.twcu.ac.jp)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです