メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・杏林大

「ヘミングウェイで学ぶ英文法」がベストセラーに

共著「ヘミングウェイで学ぶ英文法」(アスク出版)

 杏林大学外国語学部英語学科の倉林秀男准教授の共著「ヘミングウェイで学ぶ英文法」(アスク出版)が5月の発売から数日で重版が決まり、話題になっている。

     倉林准教授は言語学や英語学の文体論、ヘミングウェイなど20世紀の作家によるアメリカ文学を専門としている。大学教員になるまえ、中学や高校で英語を教えていた経験から、生徒がつまずいたり、間違えたりするところにポイントをおいて、ヘミングウェイの文章を参考に解説したのが同書だ。

     倉林准教授は、これまで「言語学から文学作品を見る:ヘミングウェイの文体に迫る」「街の公共サインを点検する」(共著)「アーネスト・ヘミングウェイ21世紀から読む作家の地平」(共著)などを出版している。今回の反響について予想外のことに驚いているという。「ヘミングウェイで学ぶ英文法」については、「ヘミングウェイの文章は高校生でも辞書を使えばなんとか読めます。文法の勉強をしながらヘミングウェイの小説が読めれば、楽しいと思う」と話している。

     倉林准教授の活動などは、KYORIN VOICEでも紹介している。

    杏林大

    公式HP:http://www.kyorin-u.ac.jp/
    所在地:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
    電 話:0422-47-5511

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
    2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
    3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
    4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
    5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです