メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・ビジネス・ブレークスルー大

東京工業大学大学院の授業にMBAの講義を提供

ビジネスデザインについての講義を行う中川功一さん

[PR]

集中して話を聞く東工大大学院の学生

 ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学大学院)は7月2日、東京工業大学すずかけ台キャンパスで同大の大学院課程の学生約20人にMBAの講義を提供した。

     講師を務めた中川功一さんは、2009年に東京大学で経営学の博士号を取得している経営の専門家。BBT大学を運営する株式会社ビジネス・ブレークスルーとBOND大学が提携して運営する「BOND-BBTグローバルリーダーシップ MBA プログラム」で「ビジネスモデル・デザイン」の講師を担当している。自身もこれまでに10社以上の企業と共同研究や製品開発を行うなど、実務面においても経験がある講師だ。

     東京工業大学大学院は、現在「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」を運営し,起業や新事業の創出を促進する人材の育成を行っている。今回、BBT大学大学院が実務家の教員による講義提供を提案し、開催に至った。

     中川さんの講義は、社会に新しい価値を提供し、利益を得ることにどんな意味があるのかを学生に問いかけることから始まった。ビール業界を事例に、シェアを逆転する方法を考えるビジネスプランの立案や、タピオカミルクティー販売の事業企画を策定するなどの実践的なワークショップも行われた。中川さんは最後に、「技術開発と同じように、ビジネス構築も理屈に沿ったプロセスを踏むものです」と学生に語りかけた。

     今回の講義提供を主導したBBT大学大学院マーケティング部部長の窪田悠さんは、「将来の技術開発を担う学生がMBAの講義を体験し、事業化につなげるヒントを得ていただけば幸いです」と話す。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

    2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

    4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです