メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・芝浦工業大

「先進国際課程」を20年10月に開設 技術革新に対応した人材育成

さまざまな研究・分析装置を備えた共通機器センター「テクノプラザ」

[PR]

 芝浦工業大は2020年10月、工学部に学部教育を全て英語で提供する「先進国際課程」を開設する。同課程では、入学時から、指導教員や異なる専門分野からなる複数のアドバイザー教員の指導のもと、4年間を通じてさまざまな研究室で最先端の研究に取り組む。

     技術革新に対応した工学人材の育成に向け、文部科学省は18年に大学の設置基準を改正し、縦割りになりやすい学科より柔軟に運用できる「課程制」が設けられた。

     今後は国内のインターナショナルハイスクールや先進的な国際教育を実施している高校、国外の高校の卒業生をターゲットに、世界中から学生を受け入れる。フランスやインドなど11カ国から招いた教員が研究指導にあたり、全学生が必ず国際会議で研究発表することを目指す。

     さらに大学院への進学を前提とし、修了後は研究機関で専門分野をけん引する研究者や、製造業など民間企業の研究開発チームのリーダーとなる技術者、新たな事業を起こし社会をリードする企業家になる人材を輩出することを目標に掲げている。

    芝浦工業大

    公式HP:http://www.shibaura-it.ac.jp/
    所在地:〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14
    電 話:03-6722-2900

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

    2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

    3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

    4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです