メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・追手門学院大

大塚製薬株式会社と連携協定を締結

連携協定を結んだ学校法人追手門学院の川原俊明理事長(右)と大塚製薬大阪支店の藤原康宏支店長=追手門学院大提供

[PR]

大塚製薬による学生向け熱中症対策セミナー

 追手門学院大学などを運営する学校法人追手門学院は7月17日に大塚製薬と連携協定を締結した。同学院が企業と連携協定を結ぶのは今回で10例目となる。この協定を機に産学連携で地域の健康増進を貢献していく。健康増進活動を通じた健やかな学生生活や地域の健康増進に関する社会連携などの分野で連携する。締結式で川原俊明理事長は「来春、社会学部にスポーツと健康をテーマにしたスポーツ文化学専攻を開設します。今回の協定を機に、授業においても連携していきたい」と述べた。

 7月4日には追手門学院大学の学生を対象としたセミナーを実施した。大塚製薬から熱中症対策としての健康管理方法を学び、今後は学生らが指導員となって地域住民に普及を図っていく。

 今後は、学校法人追手門学院設置校である追手門学院高校、追手門学院大手前高校をはじめ高校3年生向けに、朝食の重要性など受験に備える栄養バランスの大切さを説く啓発セミナーを開催予定だという。

追手門学院大

公式HP:http://www.otemon.ac.jp/
所在地:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
電 話:072-641-9590

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです