メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立命館大

講談社のクラウドファンディングに参加 科学に特化した研究者支援

握手を交わす立命館大の仲谷善雄学長(右)と講談社の野間省伸社長

[PR]

 立命館大は7月25日、講談社が運営するクラウドファンディング・プラットフォーム「ブルーバックス・アウトリーチ」にパートナーとして参加したことを発表した。

     ブルーバックス・アウトリーチは、科学に特化した研究者支援を主眼とするクラウドファンディング・プラットフォームで、2日に開設された。

     現在、同大で募集しているのは、古気候学研究センターの中川毅教授による「年縞(地層が作る細かな縞模様)に刻まれていく地球の歴史。その瞬間を水中カメラで記録したい!」▽理工学部の小西聡教授による「ミクロの世界との遭遇 触覚をもったマイクロロボットハンドがあなたの触覚とリンク」▽薬学部の井之上浩一准教授による「新薬の可能性は『毒きのこ』にあり。創薬の未来につながるデータベースをつくりたい!」▽文学部の赤間亮教授による「数奇な運命をたどった『酒呑童子絵巻』を修復し、“みんな”で共有・活用したい」――の4件。今後は年間6~8件のプロジェクトのクラウドファンデングを実施していく予定だ。

     東京都千代田区の立命館東京キャンパスで行われた発表会で、仲谷善雄学長は「パートナーシップを通じて、研究をより身近に感じてもらうことを願っている」と期待を込めた。

     同大でクラウドファンディングを募集しているプロジェクトはブルーバックス・アウトリーチ特設サイトで見ることができる。

    立命館大

    公式HP:http://www.ritsumei.jp/
    所在地:〒604-8520 京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1
    電 話:075-813-8300

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

    2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

    4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです