メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大学倶楽部・名古屋市立大

シンポジウム「AI・IoTがもらたす都市の変革」開催 500人参加

MONET Technologies事業推進部担当部長の小澤拓郎さんの基調講演

[PR]

パネルディスカッションの様子

 名古屋市立大は7月11日、シンポジウム「AI・IoTがもらたす都市の変革」(主催・同大都市政策研究センター)を名古屋市瑞穂区の同大桜山キャンパスで開催した。市民や学生ら約500人が聴講した。

     都市政策研究センターは、都市政策に関する調査や研究を行う機関として、2018年5月に開所した。講演に先立ち、来年度から始まる大学院の都市政策コースとの連携について説明があった。

     続いて、ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社「MONET Technologies」事業推進部担当部長の小澤拓郎さんが基調講演を行った。小澤さんは人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)などの最新技術を利用して取り組んでいるモビリティーサービスや自治体との連携事業を紹介。自治体との連携事業の一事例として長野県伊那市職員も登壇し、医師による診察を遠隔で受けられる移動診察車の実証などについて発表した。

     パネルディスカッションでは、同大大学院医学研究科の安川力准教授から医療現場におけるAIを活用した画像診断について報告があり、今後のAIやIoTを活用した社会の発展について活発な意見交換が行われた。

    名古屋市立大

    公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
    所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
    電 話:052-853-8328

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

    2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

    3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

    4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

    5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです