メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大学倶楽部・専修大

学生優秀発表賞を受賞 日本地球惑星科学連合2019年大会

ポスター発表を行う栗本さん

[PR]

地すべり地で調査を重ね天正地震の実態を明らかにした

 専修大学大学院修士1年の栗本享宥さん(地理学専攻)が学術団体「日本地球惑星科学連合(JpGU)」の2019年大会でポスター発表を行い、学生優秀発表賞を受賞した。

     栗本さんの発表タイトルは「1586年天正地震に伴い発生した岐阜県郡上市の水沢上(みぞれ)地すべり」。文学部環境地理学科3年生の時から取り組んできた研究の集大成となった。岐阜県郡上市明宝地区には、天正地震に伴い発生したとされる水沢上地すべりと呼ばれる大規模地すべり地が存在する。地形・地質学に基づいた検証はほとんどなく、栗本さんは現地踏査などを重ね、地形・地質特性や発生時期などを検討した。地すべり堆積(たいせき)物や地すべりによる河川のせき止め湖沼氾濫原堆積物から材木の化石を発見し、防災科学技術研究所の協力で年代を測定した。「地震の被害についてなぞが多い天正地震の実態の一端を明らかにすることができた。ポスター発表では、さまざまな分野の研究者から意見をいただき、励みになったと同時に、今後の方針を見直すことにもつながった」と話す。

     ポスター発表は5月28日に幕張メッセで行われ、7月10日に受賞が決まった。

     また、栗本さんの研究は、公益財団法人深田地質研究所の「2019年度深田野外調査助成」に採択された。これは地質学などを研究する学生の野外調査に関わる経費を助成する制度。本年度は21人が選ばれ、私立大生は栗本さん1人だった。

    専修大

    公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
    所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
    電 話:03-3265-6677

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

    4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

    5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです