メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

「多摩区フォトコンテスト」作品を募集 商学部・渡辺ゼミ生が企画

「多摩区フォトコンテスト」を企画した専修大商学部・渡辺達朗ゼミの(左から)菊池泰雅さん、小城武琉さん、南夏輝さん=専修大提供

[PR]

「第2回多摩区フォトコンテスト」のチラシ=専修大提供

 専修大商学部教授の渡辺達朗ゼミナール(経営学)に所属する学生45人が「第2回多摩区フォトコンテスト」を企画し、作品を募集している。

     一昨年のプレ開催を経て、昨年から規模を拡大して実施。今年は、川崎市役所と多摩区役所が共催、多摩区観光協会、多摩区商店街連合会、シェアサイクル事業のOpen Streetの協力が決まった。

     渡辺ゼミでは地域マーケティングとまちづくりを学び、多摩区や東京・神田神保町をはじめさまざまな地域で活性化に取り組んでおり、写真コンテストはその一環だ。同コンテストのテーマは「多摩区×わたし~伝えたい、この瞬間~」で、自然▽まち並み▽シェアサイクル--の3部門を設けた。撮影場所は多摩区全域が対象で、必ず人物を入れる決まりとなっている。

     昨年の参加者は、高齢者や小さな子供を持つ親世代が多かった。商学部3年で副ゼミ長の菊池泰雅さんは「参加層を広げたいので、大学生など若い人もぜひチャレンジしてほしい」と話す。今回、シェアサイクル部門を設けたのも、若者の参加を促すためだ。南夏輝さんは「自転車とまちの姿を写してほしい」と呼びかける。小城武琉さんは「コンテストを盛り上げ、地域の活性化につなげたい」と意気込んでいる。

     応募期間は10月7日まで。応募方法は、プリントした写真の郵送とデジタルデータ送信の2方法がある。データの場合は、インスタグラム「♯第2回多摩区フォトコンテスト」での投稿も可能。最優秀賞など入賞者は11月初旬に決定。入賞作品は、11月22~28日に開かれる多摩区役所での写真展で展示される。応募方法など詳細は多摩区フォトコンテスト公式ホームページ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

    2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

    3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

    4. 女の気持ち たった一つの実 山口県光市・初田照子(85歳)

    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです