連載

大学倶楽部・中央大

公式HP:http://www.chuo-u.ac.jp/ 所在地:〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 電 話:042-674-2050

連載一覧

大学倶楽部・中央大

公開シンポ「法と脳~認知多様社会の規範はどうあるべきか?~」 8月25日開催

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「法と脳~認知多様社会の規範はどうあるべきか?~」 8月25日開催 拡大
「法と脳~認知多様社会の規範はどうあるべきか?~」 8月25日開催

 中央大学理工学部は8月25日、感性工学・認知科学クラスター2019年度公開シンポジウムを開催する。当日は東京大の加藤淳子教授、同志社大の板倉昭二教授による講演をはじめ、問題提起や討論などを実施する。同大理工学部は学科の枠を超え、横断的な活動が顕著なデータサイエンス・AI、防災・減災、ロボティクス、感性工学・認知科学の四つの分野のクラスターを立ち上げ、研究や教育プログラムを展開している。

 ここ10年の間に、スマートフォンやタブレット端末の使用は一般化してきた。こうしたテクノロジー化により、個々人の内面の道徳観、行動が変化し、社会規範も変わってきている。一方、法規範は必ずしも社会規範の変化と連動していない。

 現在よりもさらに個々人の考えが重視されるだろう未来社会において、社会規範がどのように形成されるのか、また法規範がどうあるべきかを、法学的、感性工学的、脳科学的視点で考察する。

日時 8月25日13時~16時20分。

会場 中央大学後楽園キャンパス3号館3300教室

参加費・申し込み不要

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る