メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神奈川工科大

ユニークな学生開発ゲームや研究を展示 東京ゲームショウ2019

ハイスピードヌードルアクション「湯切ノ頂(ゆきりのいただき)」

[PR]

近未来釣り体験 「フィッシングプラス」

 神奈川工科大学情報メディア学科は、幕張メッセで9月12~15日に開催される「東京ゲームショウ2019」のゲームスクールコーナー 2-N01に出展する。毎回、ユニークな展示をしているが、今年の展示内容は以下の通り。

    【研究展示】

    (1) 坂内研究室「似顔AI君」(9/13、14展示) 坂内研究室では、人工知能(AI)の技術であるDeep Learningを用いて顔画像から似顔絵の生成を行うシステム「似顔AI君」を開発。顔画像を撮影し前処理を行った後、選択するだけで似顔絵が完成する。

    (2) 佐藤研究室「バッテリー」(9/12、15展示) バッテリーは2人のプレーヤーによる協調プレーゲーム。1人のプレーヤーはオリジナルのコントローラーを使ってゲームステージ上に置かれているさまざまなギミックをコントロールし、もう1人のプレーヤーはでんち-君と呼ばれるキャラクターを動かす。

    【学生ゲーム作品展示】

    神奈川工科大学の独自授業であるゲームクリエータ特訓の成果となるチーム開発ゲーム作品を2点展示する。

    (1) こぼすなよ 上手(うま)く湯切って頂点へ / ハイスピードヌードルアクション「湯切ノ頂(ゆきりのいただき)」 ラーメン屋などで見かける麺を湯切りする道具「テボ」を実際に使い、いかに素早く、かつ麺をこぼすことなく湯切りをするかを競うゲーム。ランキング機能が実装されているので東京ゲームショウでの湯切りの頂点を目指そう。

    (2) やってみる? 2050年の海の釣り / 近未来釣り体験 「フィッシングプラス」

     このゲームでプレーヤーは2050年の海釣りを体験できる。しかし釣れるのはなぜかゴミばかり。プレーの最後にこの時代の海洋プラスチックゴミの総重量は、魚の総重量を超える予測があることを知らされる。これによりプレーヤーに深刻な海洋プラスチックゴミ問題について意識してもらうことが目的の現実問題解決型ゲーム。

    ※詳細は神奈川工科大学ホームページ

    【https://www.kait.jp/news/1647.html】

    神奈川工科大

    公式HP:https://www.kait.jp/
    所在地:〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
    電 話:046-291-3002

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

    3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

    4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

    5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです