メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・千葉大

ミツバチ体験会を開催 千葉・西千葉キャンパスで

採れたての蜂蜜を味わう参加者たち

[PR]

遠心分離器による採蜜体験

 千葉大は8月24日、養蜂体験イベント「ミツバチ体験会」を千葉市稲毛区の同大西千葉キャンパスで開催した。工学部環境デザイン研究室の学生が中心となり、養蜂場見学や採蜜体験、蜜源となるキャンパス内の花の観察などを行った。子どもから大人まで22人が参加した。

     同大は、養蜂を通じた教育・研究の実践と地域貢献を目指し、西千葉、亥鼻(千葉市中央区)、柏の葉(千葉県柏市)の3キャンパスでミツバチを飼育している。

     養蜂場見学では、防護服に着替えた学生が参加者の目の前で養蜂箱から直接蜂蜜を取り出し、参加者を驚かせた。体験会の最後には、各キャンパスの異なる時期に採蜜された蜂蜜や体験会で採蜜した蜂蜜を実際に試食し、季節や場所ごとに異なる蜂蜜の味わいを楽しんだ。

     参加者からは「養蜂について、参加前よりハードルが低くなった。ミツバチが可愛く思えた」「大学の屋上で養蜂していることを初めて知った」「巣箱の様子が目の前で見られ、貴重な経験になった」などの感想が寄せられた。

    千葉大

    公式HP:http://www.chiba-u.ac.jp/
    所在地:〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
    電 話:043-251-2232

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

    2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

    3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

    4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

    5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです