メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

エンジニア育成のためのワークショップ開催 10月1日、参加者募集

「ジェロンテクノロジー ワークショップ~自立支援の基盤技術~」のチラシ

[PR]

 工学院大は10月1日にエンジニアを対象とした参加型の「ジェロンテクノロジー ワークショップ~自立支援の基盤技術~」を同大新宿キャンパス(東京都新宿区)で開催する。現在、聴講者を募集している。

     「ジェロンテクノロジー」は、超高齢社会・人口減少社会で、新たに生じた諸問題を他分野の学問によって解決することを目指した分野横断型技術のこと。エンジニアは今後、専門知識はもちろん、高齢者らの自立を支援する技術や国連の持続可能な開発目標(SDGs)で掲げられる多様性に対応する力も必要という考えから、エンジニアを育成する教育と研究について、工学院大特任教授で独ミュンヘン工科大のトマス・ボック教授の基調講演を軸に討議する。

     ワークショップは、トマス教授による基調講演「ロボット工学と人工知能」(英語講演、通訳なし)と各学部講演「共生工学の教育と研究」(日本語講演、聴講者参加型、質疑応答あり)の2部構成。各学部講演は、工学院大先進工学部の小林元康教授、工学部長の橋本成広教授、建築学部長の野澤康教授、情報学部長の管村昇教授が登壇する。講演後は懇親会も予定している。

     講演会は午後4~6時。懇親会は午後7時半まで。懇親会含め参加無料。申し込みは、氏名、所属、メールアドレスを記入して、同大総合研究所共生工学研究センターにメール(gtr@sc.kogakuin.ac.jp)する。締め切りは9月24日。当日参加も可能。

    工学院大

    公式HP:http://www.kogakuin.ac.jp/
    所在地:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
    電 話:03-3340-1498

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

    2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

    3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

    4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

    5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです