メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・国学院大

講演会開催 皇位継承に伴う大嘗祭前に

講座のポスター

[PR]

 国学院大学研究開発推進機構は11月14、15日に行われる皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)、大嘗祭(だいじょうさい)を前に、「大嘗祭」をテーマにした講座を10月12日に同大渋谷キャンパス常磐松ホールで開催する。同講座は日本文化を知るために行われており、今回で45回目を迎える。

     明治15年の創立以来、日本の文学や歴史、神道などの研究を蓄積してきた同大学が誇る教授陣が、それぞれ得意とする分野から「大嘗祭」を論じる。講演テーマと講師は以下の通り。

    ①「古代の大嘗祭と大嘗宮」(講師:笹生衛・国学院大学博物館長/神道文化学部教授)

    ②「近世の東アジアと大嘗祭の再興」(講師:根岸茂夫・校史・学術資産研究センター長/文学部教授)

    ③「大嘗祭とその時代」(講師:武田秀章・研究開発推進機構長/神道文化学部教授)。

    参加希望者は必要事項を記入し、はがきまたは同大ホームページの申し込みフォームから申し込む。定員は250人(先着順)で参加費は無料。

    〇詳細

    日:10月12日

    時:13時~16時30分

    場所:渋谷キャンパス常磐松ホール(渋谷区東4の10の28)

    申し込み:10月5日までに大学ホームページ内の申し込みフォームまたは、郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「日本文化を知る講座」参加希望と明記の上、はがき(〒150-8440 東京都渋谷区東4の10の28国学院大学研究開発推進機構事務課) 

    ファクス(03・5466・9237)。

    問い合わせ:国学院大学研究開発推進機構事務課(03・5466・0104)

    国学院大

    公式HP:http://www.kokugakuin.ac.jp/
    所在地:〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
    電 話:03-5466-0130

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

    3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

    5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです