メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・清泉女子大

第4回日墨学長会議に参加 佐伯孝弘学長

第4回日墨学長会議の集合写真

[PR]

第4回日墨学長会議で登壇した佐伯孝弘学長(右端)

 清泉女子大学の佐伯孝弘学長と前学長の杉山晃教授は、9月9~10日、メキシコ国立自治大学およびメキシコ大学院大学で開催された第4回日墨学長会議に出席した。

     日墨学長会議は、日本とメキシコ両国を代表する大学や高等教育機関、および政府関係者らが一堂に会し、学生交流や研究交流、産学官連携等を協議し、連携を深めることを目的とし2011年から行われている。

     今回は4回目となり、日本から23大学、メキシコから40大学・機関が出席した。「Society 5.0」を全体テーマとして、「持続可能性に向けた大学の役割」「自然現象に関連する危険・リスク」「大学の未来」などについて議論が行われた。

     佐伯学長は「持続可能性に向けた大学の役割」のセッションで登壇。持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向けた清泉女子大学の役割や取り組みについて発表を行った。

     同会議では、主要テーマについて議論が交わされたほか、両国の大学間での交流が活発に行われ、閉会式で全参加校によって共同宣言が採択された。

     佐伯学長は「今回の会議は、参加大学も多く、開会式にメキシコの外相も出席する盛大なものでした。SDGsに向けて文系の小規模大学に何ができるか、何をすべきか、本学の取り組みを例に発表しました。総じて、今回参加したことで、日墨の長い友好関係に関し認識を深め、メキシコの親日的な姿勢を強く実感することができました。また、同行してくださった杉山前学長のおかげで、メキシコの複数の大学関係者と交流を持てました。留学生や短期研修生の交換等、今後の協力・交流を深めていく機会になればと期待しています」というコメントを寄せた。

    ・第4回日墨学長会議に佐伯孝弘学長が参加

    ・清泉女子大学公式Instagram

    ・在メキシコ日本国大使館Webサイト

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

    3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです