メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

「工学院大学ソーラーチーム」世界大会初優勝に向け八王子市長に決意表明

左から石森孝志市長、ソーラーチームメンバー、 鷹野一朗副学長

[PR]

 10月13日から「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(BWSC)」がオーストラリアで開催される。BWSCに参戦する「工学院大学ソーラーチーム」が、渡航直前の9月18日に石森孝志・東京都八王子市長を表敬訪問した。工学院大学は八王子市と2015年に包括連携協定を締結し、「学生の地域活動への参加」「地域の活性化」に積極的に取り組んでいる。市長との面会時には、車両製作における八王子キャンパスの利点や地元企業との連携について触れながら、チームの世界大会に向けた活動を報告するとともに、優勝に向けた熱い意気込みを伝えた。石森市長からは「全国有数の学園都市であると同時に、ものづくり産業が根付いている八王子から、工学院大学が世界最高峰の大会に臨むことを大変うれしく誇りに思っています。厳しいレースになると思いますが、優勝目指して頑張ってください」と激励された。

     9月27日から10月下旬まで、八王子市役所本庁舎1階ロビーにBWSCやチームの活動を紹介するパネルや横断幕を掲示、新車両「Eagle」のペーパークラフトも配布予定で、レースやチームについて八王子市民への周知を図っていく。

     工学院大学ソーラーチームは、創立10周年を迎え、学生メンバーは300人を超える。技術部・運営部・財務部などのグループに分かれ、車両の開発・設計から製作、レースでの走行、チームマネジメントなど全てに学生で取り組んでいる。6月に完成させたEagleは、17年の前回大会終了直後から2年かけて学生が設計・製作を行った。車体先頭(ノーズ)は受ける風を後方へきれいに流すよう、ワシ(Eagle)のくちばしを模した自然模倣の形状を採用している。10月に出場するBWSCは、太陽光のみを動力源として約5日間をかけて3000キロを超えるオーストラリア大陸を縦断する世界最高峰のソーラーカーレースで、チームは初優勝を狙う。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

    2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

    4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです