メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立正大

EdTech活用した学びを共有する研究会 10月5日

研究会「EdTechを活用した新しい学び」のチラシ

[PR]

 立正大は10月5日、教育とIT(情報技術)を組み合わせた「EdTech(エドテック)」や、討論や発表などを通じた学習法「アクティブ・ラーニング」など新しい学びの形態の先端事例を学ぶ研究会「EdTechを活用した新しい学び」を同大品川キャンパス(東京都品川区)で開催する。

     情報環境の整備と支援などを行う同大情報環境基盤センターが主催し、グループワークを通して知識の共有や交流を深めることが狙い。EdTechは教育とテクノロジーの融合によって生まれる新しい教育スタイルで、教育分野のイノベーションが期待されている。

     研究会では、ネットニュースサイトを運営するジェイ・キャストインストラクショナルデザイナーの寺田佳子さんが「企業の教育の潮流」▽熊本大大学院社会文化科学研究科准教授の松葉龍一さんが「教育のデリバーから学びのデザインへ」▽Z会経営戦略部事業企画課の野本竜哉さんが「EdTechサービスとそのデータ分析で見えてきた傾向―学習者中心のAI活用がもたらす学び―」――をテーマに講演する。

     その後、立正大文学部講師の木村史人さんや同大地球環境科学部講師の松尾忠直さんが同大のアクティブ・ラーニング事例を紹介する。グループワークや電気通信事業者のインターネットイニシアチブほか共催企業のブース見学なども予定している。

     午後1時~6時半。参加無料。定員は先着で80人。専用ホームページより申し込む。問い合わせは同大情報環境基盤センター(03・3494・8150)。

    立正大

    公式HP:http://www.ris.ac.jp
    所在地:〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
    電 話:03-3492-5250

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

    3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

    4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

    5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです