メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京経済大

シンポジウム「今、世界の海で何が起こっているのか?- 考えよう、今すぐ私たちにできること-」

[PR]

 東京経済大学は10月26日15時から、研究者やジャーナリストを招いて海洋汚染に関するシンポジウムを開催する。世界的な主要会議で海洋汚染、特にマイクロプラスチック問題をとりあげるのはなぜか。私たちの身近な環境問題として改めて考える機会を設ける。

     登壇者は、マイクロプラスチック研究の第一人者である東京農工大学の高田秀重教授、ジャーナリストとして世界各国を取材している共同通信社の井田徹治さん、マイクロプラスチックがサンゴに及ぼす影響について世界初の発見をした東京経済大学の大久保奈弥准教授。3者によるパネルディスカッションも行われる。

     東京経済大学では、考え抜く実学をテーマに掲げ教育・研究活動を行っている。社会課題に向き合い、解決に向け考え抜く機会として今回のシンポジウムを企画した。

     参加費無料、先着300人招待。大学ウェブサイトより申し込み受け付け中。

    東京経済大

    公式HP:http://www.tku.ac.jp/
    所在地:〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
    電 話:042-328-7711

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

    2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

    3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

    4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

    5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです