メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京経済大

シンポジウム「今、世界の海で何が起こっているのか?- 考えよう、今すぐ私たちにできること-」

[PR]

 東京経済大学は10月26日15時から、研究者やジャーナリストを招いて海洋汚染に関するシンポジウムを開催する。世界的な主要会議で海洋汚染、特にマイクロプラスチック問題をとりあげるのはなぜか。私たちの身近な環境問題として改めて考える機会を設ける。

     登壇者は、マイクロプラスチック研究の第一人者である東京農工大学の高田秀重教授、ジャーナリストとして世界各国を取材している共同通信社の井田徹治さん、マイクロプラスチックがサンゴに及ぼす影響について世界初の発見をした東京経済大学の大久保奈弥准教授。3者によるパネルディスカッションも行われる。

     東京経済大学では、考え抜く実学をテーマに掲げ教育・研究活動を行っている。社会課題に向き合い、解決に向け考え抜く機会として今回のシンポジウムを企画した。

     参加費無料、先着300人招待。大学ウェブサイトより申し込み受け付け中。

    東京経済大

    公式HP:http://www.tku.ac.jp/
    所在地:〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
    電 話:042-328-7711

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

    2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

    4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです