メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

極限環境の湖からヒトの500倍のヒ素耐性を持つ線虫を発見

[PR]

 明治大学農学部の新屋良治講師と米国California Institute of TechnologyのPaul W. Sternberg教授のグループ、イスラエルUniversity of HaifaのAmir Sapir講師、森林総合研究所の神崎菜摘研究員らの研究チームが、猛毒のヒ素に耐性を持つ線虫を米国カリフォルニア州のモノ湖から発見した。

 昆虫とともに地球上で最も繁栄した動物である線虫が過酷な環境にどのように適応するかについて、新たな考え方をもたらすとともに、ヒ素に耐性を持つ線虫を利用しヒ素の解毒代謝メカニズムが明らかになることが期待されている。

 本研究成果は、9月26日に米国科学雑誌Current Biology(オンライン版)にて公開された。

明治大

公式HP:http://www.meiji.ac.jp/
所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
電 話:03-3296-4545

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです