メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

「工学院大学ソーラーチーム」 オーストラリアで試走

オーストラリアの公道でソーラーカーを試走

[PR]

 10月13日に本戦レースが開幕する世界最大級のソーラーカーレース「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に参戦するため、「工学院大学ソーラーチーム」は、オーストラリアで着々と準備を進めている。ゴール地点からスタート地点までの約3000キロを移動し、路面状況やコントロールストップの下見を終えた。

 現在、レースのスタート地点であるオーストラリア北部のダーウィンに入ったチームは、レース本番に向け車両「Eagle」の最終調整やソーラーカーのドライバーと指令車の連携確認などを行っている。

 「工学院大学ソーラーチーム」は、設立10周年を迎え、所属する学生メンバーは300人を超えている。技術部・運営部・財務部などのグループに分かれ、車両の開発・設計から製作、レースでの走行、チームマネジメントなど全てを学生主体で取り組んでいる。産学連携により約50のサポート企業から最先端素材・技術の支援を受けているほか、各分野で先端研究に取り組む教員陣がアドバイザーとなり学部・学科の枠を超えた横断的な技術支援を展開している。6月に完成させた新車両「Eagle」は、17年の前回大会終了直後から2年かけ学生自らが設計・製作した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです