メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・清泉女子大

鹿児島県いちき串木野市と連携・協力に関する協定締結

いちき串木野市役所での締結式(左:佐伯孝弘学長、右:田畑誠一市長)

[PR]

 清泉女子大学は9月27日、鹿児島県いちき串木野市との間で、相互の連携・協力に関する協定を締結した。

 同大では、旧島津公爵邸を所有していることが縁となって鹿児島との交流がスタートした。昨年3月には、鹿児島県との間で包括連携協定を締結している。今回の協定は、清泉女子大学の学生6人が、昨年9月に西日本旅客鉄道株式会社と鹿児島県を含む南九州3県によって催された体験型学習プログラム「南九州カレッジ」に参加し、同市をはじめとする鹿児島県内の魅力的なスポットなどを紹介する旅行プランを提案したことがきっかけとなって実現した。今年2月には、市の要請を受け、同じ学生6人が2泊3日の日程で市内各地をめぐり、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用した観光PR事業への協力等の交流を続けてきたことが協定締結につながった。

 協定は、教育・文化の振興や教育研究のほか、観光やまちづくりの政策、さらには、学生のフィールドワーク等による研修・交流等が主な柱となっており、来年度から地球市民学科の正課の授業において、現地でフィールドワークを行う準備も進められている。いちき串木野市役所で行われた締結式では、田畑誠一市長より、「自然や歴史、食材などの豊かな資源を市の発展に生かしていくうえで、情報発信は重要であり、東京の女子学生たちの豊かな感性に基づく情報発信力に大いに期待している」とあいさつがあった。これを受け、佐伯孝弘学長から「いちき串木野市の風光明媚(めいび)な自然や豊かな食文化、人情味あふれる土地柄などに大変魅力を感じており、こちらの方々と直接ふれあう中で地域の良さや課題などについて考えを深めることは学生たちを成長させてくれる。東京の女子学生の情報発信力を生かして、地域の魅力を高めるためのお手伝いをさせていただきたい」と話していた。

清泉女子大

公式HP:https://www.seisen-u.ac.jp/
所在地:〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21
電 話:03-3447-5551

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです