メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

日本認知科学会論文賞受賞 大北さんら、騎手の人馬一体感研究

日本認知科学会論文賞を受賞した専修大の澤教授(左)と大北さん=専修大提供

[PR]

 専修大大学院文学研究科の澤研究室に所属する大北碧さん(日本学術振興会特別研究員・PD)と澤幸祐教授(学習心理学)らの論文が日本認知科学会論文賞を受賞した。

     日本認知科学会論文賞は、学術雑誌「認知科学」に掲載されたその年の論文を対象に、斬新性・革新性・完成度・異分野対話性などの点で総合的に優れた論文に対して授与される。

     論文題目は、「ヒト―ウマインタラクションにおける『人馬一体』感とは何か?」(「認知科学」2018年25巻4号掲載)。インタラクションは「相互作用」という意味で、騎手が感じる人馬一体感とはどのような感覚で、どのような時にその感覚が生じるのか明らかにした。大北さんと澤教授、二瓶正登さん(院文博2、心理学専攻)、西山慶太さん(専修大教務課職員)の4人で執筆した。

     9月6日に静岡大浜松キャンパス(浜松市)で開かれた「日本認知科学会第36回大会」で授賞式が行われた。受賞者一覧は日本認知科学会のホームページで見ることができる。

    専修大

    公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
    所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
    電 話:03-3265-6677

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

    3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

    4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

    5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです