メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪成蹊大

芸術学部制作の絵葉書が記念品に 日本財団の「灯台を巡ろう!」キャンペーン

絵はがきの一例

[PR]

キャンペーンポスター
絵はがきの一例

 「灯台を巡ろう!」キャンペーンに、大阪成蹊大学芸術学部の糸曽賢志学部長と同学部造形芸術学科アニメーション・キャラクターデザインコースの高山東子さん(4年)の作品が採用された。同キャンペーンは全国灯台文化価値創造プロジェクト事務局が、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、全国各地の「恋する灯台のまち」に認定された49市町村と協働して10月5日~11月3日に開催するもの。

 多くの人たちにいくつもの「灯台」を訪ね、最果ての地で海に思いをはせてもらいたいという願いが込められている。

 今回、糸曽学部長と高山さんは51基の灯台をアニメーション画として描いた「記念絵葉書」を制作した。この絵はがきは、それぞれの灯台を訪れた記念品として来訪者にプレゼントされる。

■「海と日本プロジェクト」

 さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、ときに心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子供たちをはじめ全国の人たちが「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもと、オールジャパンで推進するプロジェクト。

■「灯台を巡ろう!」キャンペーン

 上記の「海と日本プロジェクト」の一環として、全国の「恋する灯台のまち」認定49市町村と協働し、より多くの人たちにたくさんの「灯台」に訪れて、最果ての地で海に思いをはせてほしいという願いを込めて行われる取り組み。

「灯台を巡ろう!」キャンペーン サイトURL 

▼海と日本PROJECTとは(日本財団WEBサイト内)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. マスク補助ベルト、帯紐「水引」で鮮やかに 実用とデザイン備え 金沢

  4. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  5. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです