メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神田外語大

グローバル・リベラルアーツ(GLA)学部(仮称)設置構想中

グローバル・チャレンジ・タームとは

[PR]

4年間の学びのステップ

 神田外語大学は世界の課題に挑戦する強い意志と幅広い教養をもち、世界の平和と繁栄に貢献できる次世代のリーダーを育成するため2021年4月にグローバル・リベラルアーツ学部(仮称)の新設を構想している。

     コンセプトはGlobal Liberal Arts for Peace(平和のためのグローバル教養)。少人数教育で「Humanities」「Societies」「Global Studies」の領域における専門教養科目を学習していく。「社会と多様性」「現代社会とイノベーション」「宗教文化論」など幅広い教養を身につけ、多様な文化背景をもつ人々と協調して解決策を導き出す力を養う。募集定員は60人を予定。

     新学部は入学直後、全学生が参加必須となる海外スタディ・ツアーを行う。約4週間、15~20人程度のグループに分かれ、それぞれのテーマについて学習していく。実施国はインド、マレーシア、リトアニアなどを想定しており、授業とフィールドワークを通して、世界で何が起こっているかを知り、2年次以降身につける専門性を明確にする。

     3年次後期にはニューヨーク州立大学(SUNY)への長期留学を行い、平和学や国際関係学を学ぶ。NGO 関連のインターンシッププログラムやニューヨークなどの都市でのボランティア活動への参加を検討している。2回の海外留学必修化は、国内の私立大学では初めてのこと。

     また初年次から卒業までのゼミと卒業研究を必修とする。教養教育だけでなく、論理的思考力を涵養(かんよう)するために「課題解決型学習やアクティブ・ラーニングによる教授・学習法」などを積極的に取り入れていく。

    ◆主な開講科目(科目名は変更となる場合があります)

    ●GLA入門 / グローバル・ヒストリー

    ●Humanities:宗教文化論 / 芸術文化論 / 人間と文学 / 人間と思想

    ●Societies:共生社会論 / 社会と多様性 / 現代社会とイノベーション

    ●Global Studies:地域とグローバル世界 / グローバル・ガバナンス

    詳しくはURLより【https://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/news/53830/】参照。

    ※設置計画は予定であり、内容変更があることも。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

    3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

    5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです