メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・名古屋市立大

姉妹都市交流の架け橋となるデザインを制作

感謝状贈呈式後の記念撮影

[PR]

採用されたレターヘッドのデザイン

 名古屋市立大は10月18日に名古屋市公館にて、同大学の貢献に対する感謝状贈呈式が開催され、同大学大学院芸術工学研究科の学生2人が受賞した。名古屋市とシドニー市の姉妹都市交流を促進するもので、シドニー名古屋姉妹都市委員会からの依頼により、国際貢献及び名古屋市との連携の一環として、同委員会が使用するレターヘッドを制作したもの。

     贈呈式は、シドニー親善使節団の名古屋市長表敬訪問に合わせて開催され、同委員会からは感謝状とレターヘッドがプリントされたTシャツが、また河村たかし名古屋市長からは有松絞のタオルハンカチが贈呈された。

     デザインした博士前期課程1年生の穴井洋子さんによると、「シドニー市のシンボルであるハーバーブリッジを用い、橋が両市をつなぐ役割をイメージした」とのことで、両市の交流に貢献できたことに感激している様子だった。21日には、同委員会のワーウィック・ミラー委員が芸術工学研究科のある同大学北千種キャンパスを訪問。キャンパス内の作品や学生の制作現場を見学するなど、レターヘッドの制作をきっかけとした両者の交流も行われた。

    名古屋市立大

    公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
    所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
    電 話:052-853-8328

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

    3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

    4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです