メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京外国語大

ポーランド語専攻を舞台にした映画 第35回ワルシャワ国際映画祭で初公開

上映後、観客からの質問に答える森田准教授

[PR]

監督及びスタッフとの記念写真

 東京外国語大学でポーランド語を専攻する学生を記録したドキュメンタリー映画「私たちの小さなポーランド」(マテイ・ボブリク監督/ポーランド/2019年/70分)が、10月11~20日に開催された第35回ワルシャワ国際映画祭で初公開された。

 作品は、同大でポーランド語を専攻する学生が、入学から学園祭である外語祭のポーランド語劇の舞台に立つまでの成長の過程(2015~16年)を追ったドキュメンタリー。自分の将来を想像し、現実と向き合っていく若者たちの甘酸っぱい青春の一幕がボブリク監督のユーモアとウイットに富んだタッチで描かれている。映画祭の期間中、本作は4回上映され、うち3回の上映後の質問コーナーには同大でポーランド語を教える森田耕司准教授が出席し、観客からの質問を受けた。この映画への関心は、映画祭の「観客が選んだお気に入りの映画」の一つに挙げられるほど高く、森田准教授は地元メディアの取材にも応じた。

 ポーランドから遠く離れた日本でもポーランド語の学習に真剣に取り組んでいる学生がいることを、ポーランドや世界の人々に広く知ってもらう絶好の機会となった。今後はポーランド国内や他のヨーロッパ諸国の映画祭でも順次公開され、ポーランドでは映画館上映もされる予定。来年の前半には本邦初公開も企画されており、後半にはポーランドでテレビ放映されることになっている。

東京外国語大

公式HP:http://www.tufs.ac.jp/
所在地:〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
電 話:042-330-5151

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです