メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京外国語大

日本-フィンランド外交樹立100周年記念上映会を開催

上映後のトークセッション

[PR]

同時通訳を行う学生
監督・学生らで記念撮影

 東京外国語大学は10月25日、同大アゴラ・グローバルプロメテウス・ホールにおいて、日本-フィンランド外交樹立100周年を記念して、言語学者でありながら初代駐日公使となったグスタフ・ラムステッド(1872-1950)の足跡をたどりつつ日本とモンゴルの過去と現在を行き来するドキュメンタリー映画「東方の記憶」上映会を開催した。

 本編上映後には、本作品の監督であるニクラス・クルストルム氏とマルティ・カルティネン氏、フィンランドセンター所長のアンナ=マリア・ウィルヤネン氏、本学大学院国際日本学研究院の春名展生准教授によるトークセッションも行われた。本作品の日本語字幕翻訳は、本学大学院総合国際学研究科「日英通訳・翻訳実践プログラム」博士前期課程2年生3人(植松久美子さん、佐久間敦子さん、前田貴陽さん)が作成し、当日のトークセッションの同時通訳は、同課程2年生3人(小倉杏奈さん、中野志保さん、平田慧さん)が担当した。

 本作品は、11月2日まで、同大のほか、国内六つの大学およびユーロスペースで上映される。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです