メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

OBの冒険家、植村直己さんを顕彰するフォーラム開催 京大・山極総長が講演

日本冒険フォーラムのパネルディスカッション=明治大駿河台キャンパスで2019年11月17日、中根正義撮影

[PR]

 世界で初めて5大陸最高峰の登頂や北極点単独到達を遂げた冒険家、故植村直己さんの精神の継承を目指す「日本冒険フォーラム」が11月17日、明治大アカデミーホール(東京都千代田区)で開かれ、約800人が参加した。フォーラムは2011年、15年に続いて3回目で、植村さんの故郷、兵庫県豊岡市が主催し、植村さんの母校・明大の協賛、毎日新聞社などが後援した。

 豊岡市の中貝宗治市長によるプレゼン「豊岡の挑戦~Local & Global」に続き、ゴリラ研究で知られる京都大の山極寿一学長が基調講演。「冒険は人間らしい営み。好奇心と未来に関心がないとできない。植村さんがそうだったように、その経験や体験を伝えていくことに意味がある」と話した。

 パネルディスカッションでは、「山と渓谷」元編集長の神長幹雄さんをコーディネーターに、ゲストに俳優の市毛良枝さんを迎え、山極さんや東京五輪・パラリンピック組織委アスリート委員の田口亜希さん、写真家の小松由佳さん、探検家・作家の角幡唯介さんが「挑戦し続けるこころ」をテーマに、自らの体験などを語り合った。

 今回のフォーラムに関連し、同大アカデミーコモン地階特別展示室では、植村さんの語録を基に、イラストレーターの黒田征太郎さんが絵を描いた「植村直己さんがイノチをかけてつかんだコトバ」展を開催している。12月17日まで。【中根正義】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです