メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

特別展「新制専修大学の出発」

新制専修大学70年を記念して開催された特別展示

[PR]

 専修大学が新制大学として設置認可され今年で70年を迎えた。これを記念した特別展「新制専修大学の出発」が、同大生田キャンパス9号館1階で開催されている。戦後の教育改革の中で、それまでの少数精鋭の大学から文系総合大学へと変容を遂げる様子を、写真や資料で紹介している。

 新制大学は、1947年制定の学校教育法に基づく高等教育機関。専修大学は、46年に校友として初めて総長となった今村力三郎(1866~1954年)の下で、新制大学移行準備が進められた。49年、生田キャンパスが新たに整備され、商経(商業学科、経済学科)、法(法律学科)の2学部3学科で認可され、新制4年制大学として歩み始めた。当時の学生数は、旧制大学生らが通う神田キャンパスが3884人、新制の学生が通う生田キャンパスが994人だった。

 展示は5部構成。同年10月に開催された専修大学創立70周年記念式典のポスターや記念バックルなども展示している。学生生活では、46年に女子学生の入学が認められ、男女同席のゼミナールの様子を紹介。また、当時の学生の“スクールライフ”やアルバイト事情にも焦点を当てている。

 特別展は専修大学創立140周年記念事業の一環で12月7日まで開かれている。日曜・祝日は休館。入場無料。

【専修大学創立140周年記念事業】新制大学70年記念特別展示新制専修大学の出発

専修大

公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
電 話:03-3265-6677

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです