メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京工芸大

第5回企画展 「色と対話する展 Talking with Color 」 開催

ThroughTheLookingGlass

[PR]

ChaoticVideoFeedbac

 東京工芸大学、色の国際科学芸術研究センター「カラボギャラリー」では2020年4月25日まで第5回企画展「色と対話する展 Talking with Color」を開催している。同大学は、「色」に関する研究を深化、探求することを目的に、「色の国際科学芸術研究センター」(愛称:col.lab=カラボ)を設立し、研究活動を行っている。

 「色と対話する」をテーマに、自律的に変化したり、見る側の行動や主観で変化したりする5作品を展示し、色とまるで対話しているかのように感じられる企画展になっている。

 人によって色の見え方が異なるドレスの実験、カメラとスクリーンの間でループする度に壊れていく映像、ブレイクダンスの動作を自動的に判別しフィードバックするフットウエアシステム、リアルタイムで動く深層学習人工知能(AI)の内部状態の階層性を色のパターンにより感じる空間、身体情報を色により可視化し身体性を拡張する作品を通し、色との対話を体験できるイベントになっている。

<開催概要>

会場 「カラボギャラリー」  神奈川県厚木市飯山1583 東京工芸大学厚木キャンパス12号館 2階

開館時間 火~土曜午前10時~午後5時(入場無料) 休館日は月、日、祝日 

※本学イベント等のため、不定期に開館・閉館する場合も。詳しくは同大ウェブサイトで。

<関連イベント>

■オープニングトーク

日時 11月30日午前11時半か~午後1時

出演 茂木 健一郎(脳科学者)

会場 東京工芸大学厚木キャンパス 神奈川県厚木市飯山1583

定員 200人(予約不要・入場無料・年齢制限なし)

■特別講義

タイトル インタラクティブアートの創り方

日時 12月19日午後3時~6時10分

講師 藤本 直明(美術家・インタラクティブアート、東京工芸大学及び多摩美術大学非常勤講師)

会場 東京工芸大学厚木キャンパス

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです