メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪教育大

「アクションカード」を活用した防災訓練を実施

備蓄品(乾パン)の配布

[PR]

アクションカードを使った情報の伝達
水消火器を使った消火訓練

 大阪教育大学は、大規模地震を想定した防災訓練を11月6日、柏原キャンパスで実施した。大阪府東部を南北に延びる生駒断層帯を震源とする震度6強の地震が授業中に発生したと想定し、教育協働学科棟、事務局棟内にいる教職員ならびに学生約230人が参加した。

 地震発生後ただちに栗林澄夫学長の指示のもと災害対策本部を設置し、被害状況の情報収集、学生の避難誘導、負傷者の救護・搬送、消防署への通報と車両誘導、車いす利用者の避難、初期消火、危険防護、避難者への備蓄品給付、緊急放送に係る訓練を行った。

 現在、同大学では緊急事態発生時の判断を導き、行動を促すために事前に準備しておく指示書「アクションカード」の整備に取り組んでおり、今回初めて教員が実際にアクションカードを使って学生の避難誘導にあたった。

 訓練直前まで、防災特別授業を行っていた防災等対策委員会委員の豊沢純子准教授は「アクションカードを使った初めての訓練であったが、この取り組みを通じて課題を洗い出し、訓練を重ねることで、多様な状況に対応できるよう防災対策の改善につなげていくことが重要」と訓練を講評した。

 同大学では、この訓練での課題を洗い出してアクションカードを改善し今後、講義室に順次配置して、災害への対策を図っていく予定。

大阪教育大

公式HP:http://osaka-kyoiku.ac.jp/
所在地:〒582-8582 大阪府柏原市旭ケ丘4-698-1
電 話:072-976-3211

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです