メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明星大

「デザインセッション多摩2019」 ー今年は「こどもとデザインとまなび」がテーマ

デザインセッション多摩2019(DeST デスト)

[PR]

 明星大学デザイン学部は、デザインの力を生かしたプロジェクトを増やしていくためのプラットフォームとなる「デザインセッション多摩2019(DeST デスト)」を開催する。3年目となる今年のテーマは「こどもとデザインとまなび」。

     教育熱心な地域として知られる多摩エリア。社会が大きく変わっていく中で、保護者や教育者だけでなく、地域のおとなもいっしょになって、こどもたちの学びの場をつくっていく。その時デザインの力は、どう生かせるのか。さまざまな立場の人と前向きに話し合い、考える機会とする。

     2部構成で、こどもにとっての学び、地域の学びを考える。1部の「トークセッション」では3人のパネリストとともに、変わりゆく社会の中で、本質的・創造的な学びを探求する。

     2部の「ワークセッション」では、地域で活動する10人のクリエーターがリーダーとなり、デザイナー、教員、公務員、会社員、NPO、市民、学生など多様な立場の人と「地域の学び」について考える。

    ★概要

    ◆日時 12月8日午前9時半から午後7時

    ◆会場 明星大学日野校 32号館 東京都日野市程久保2-1-1

    ◆定員

    第1部 トークセッション(午前9時半から午後1時まで 200人)

    第2部 ワークセッション(午後2時半から7時まで  60人)

    ◆参加費 無料

    ◆詳細・申し込み方法等参照URL

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

    3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

    4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

    5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです