メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・愛知大

法学部学生による「裁判員模擬裁判」開催

愛知大学法学部模擬裁判2019チラシ

[PR]

 愛知大は12月14日、学生による市民参加型シミュレーション2019法学部裁判員模擬裁判 「一線を越えた防衛行為 ~有罪と無罪の境界線はどこか~」(主催:愛知大学法学部 模擬裁判実行委員会)を名古屋市中村区の同大名古屋キャンパスで開催する。

 2005年から始まり、15回目となる今回のテーマは「正当防衛」。夫からの暴行によって生命の危機を感じた妻が自身の身を守るために反撃した結果、夫を死亡させてしまったという事件内容で模擬裁判を行う。学生が裁判官や被告といったすべてのキャストを演じ、裁判員は公募で募集した一般の人が行う。

 模擬裁判は午後1時から。入場無料。申し込み不要。

詳細は法学部模擬裁判専用ウェブサイトにて。

愛知大

公式HP:http://www.aichi-u.ac.jp/
所在地:〒461-8641 名古屋市東区筒井2-10-31
電 話:052-937-6762

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです