メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・武蔵大

学生が企業のCSR報告書を作成 3学部が協働で21日に発表会

昨年の「三学部横断型ゼミナール・プロジェクト最終報告会」の様子

[PR]

 武蔵大学は12月21日、経済学部、人文学部、社会学部の学生が、実在する企業の社会的責任(CSR)に関する取り組みを市民や株主などに幅広く発信する「CSR報告書」を作成・発表する「三学部横断型ゼミナール・プロジェクト最終報告会2019」を東京都練馬区の同大江古田キャンパスで開催する。同報告会は毎年、前・後期の2回開催し、2008年度に正規科目となって12年目を迎える。

 今回の協力企業は、ガラス・鏡の加工会社の西尾硝子鏡工業所(東京都大田区)と総合外装事業とアジア人材育成・活用事業を展開する南富士(静岡県三島市)の2社。

 発表者は経済学部・人文学部・社会学部が協働で行う「三学部横断型ゼミナール・プロジェクト」を履修する学生17人(3年生5人、2年生11人、1年生1人)。学生らは2チームに分かれ、課題提供企業の2社それぞれを担当し、CSR報告書作成という課題に取り組む。異なる学部の学生が同じチームに所属することで、それぞれの学部の専門性を発揮することを目指した。

 各チームは、担当する企業を約3カ月間かけて調査・分析し、CSR報告書を完成させた。会場では、学生が作成した担当企業のCSR報告書が配布される。

 午前11時~午後1時15分。入退場自由、予約不要。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  5. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです