メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

福島県白河市立図書館で講演会 白河言語調査テーマに

言語調査の意義について講演する専修大文学部の阿部貴人准教授

[PR]

白河言語調査に関する研究成果を発表する志村映奈さん
ゼミで作製したパンフレット「白河出身の日本語学者 岩淵悦太郎を知っていますか?」

 専修大学文学部日本語学科が主催する講演会「岩淵悦太郎と国立国語研究所の白河言語調査」(後援:福島県白河市、白河市教育委員会、国立国語研究所)が9月29日、白河市立図書館「りぶらん」で開催された。

 白河言語調査とは1949年に福島県白河市で行われた言語生活調査で、調査員が住民一人一人から言葉の使い方について聞き取りをして、普段使っている言葉がどのように共通語の影響を受けているか調べようとしたもの。

 講演会は、同大文学部の斎藤達哉教授(日本語史・国語施策史)が代表を務める研究会が40~50年代の日本語政策史研究、国立国語研究所が日本語の研究史調査をそれぞれ進める中で、白河市立図書館の田中伸哉館長の助言を受けて実現した。

 まず斎藤教授が、白河市出身の日本語学者で国立国語研究所の所長を務めた岩淵悦太郎の学問的功績を紹介。同大文学部の阿部貴人准教授(社会言語学)が49年に白河市で実施した言語調査の意義について講演した。

 斎藤教授は「白河言語調査は資料が散逸してしまい、報告書に記載されたこと以外は分からないことが多い。来場者の中から当時の言語調査の対象者が見つかったので、当時の様子を聞きたい」と話した。阿部准教授は「共通語という概念は白河言語調査によって生まれた。調査はいまだに学界で高い評価を得ている」と語った。

 斎藤教授のゼミナールでは、2018年度に教員と学生がパンフレット「白河出身の日本語学者 岩淵悦太郎を知っていますか?」を作製し、同図書館で無料配布している。

 講演会の後半には、同大文学部3年の織口花菜子さん、同2年の丸岡美優さん、志村映奈さんが岩淵や白河方言について研究成果を発表した。

専修大

公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
電 話:03-3265-6677

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです