特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

大学倶楽部・東京都市大

東急グループの大学同士が連携協定締結

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
協定書を手にする東京都市大の三木千寿学長(左)と亜細亜大の大島正克学長 拡大
協定書を手にする東京都市大の三木千寿学長(左)と亜細亜大の大島正克学長

 亜細亜大学と東京都市大学が10日、連携協定を結んだ。両大学は東急グループの実質的創立者である五島慶太が運営に携わっていたことから、これまでも同じグループの大学として学長による意見交換会や事務職員の研修会を共同運営するなどしてきた。

 東京都渋谷区内で行われた協定締結式には、亜細亜大の越村敏昭(元東京急行電鉄社長)、東京都市大の高橋遠(前東急ホテルズ社長)両理事長も出席。亜細亜大の大島正克学長は「これまで交流があった東京都市大と、それぞれの特徴を生かした教育と研究を進めたい」と話した。また、東京都市大の三木千寿学長は「学生や教職員のさらなる交流を通じ、社会に貢献していきたい」と期待を寄せた。

 亜細亜大は経営学部や経済学部など文系学部が中心で、外国語教育で定評がある。一方、東京都市大は工学部や知識工学部など理系学部に強みがあり、グローバル化にも注力する。近年、データサイエンスや環境など文理融合系の学問が注目されており、今回の提携により、教育・研究も含めた総括的な連携を通じ、地域社会への貢献も推進していく。【中根正義】

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る