メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・共立女子大

SDGs達成に向けた地域連携ファッションショーを開催

2019年11月12日のファッションショー

[PR]

 共立女子大学は、11月12日に同大学の本館ロビーでサステナブルでありながらモダンなデザインのドレスによるファッションショーを行った。このショーは同大学の2019年度地域連携プロジェクト「サステナブルファッションデザインによる地域連携の推進」(プロジェクト代表 家政学部被服学科 村瀬浩貴教授)が主催したもの。この活動は、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)および山梨県立大学との学-学連携でもあり、JAISTの増田貴史講師が開発した環境に優しい草木染技術により、石川県産のぶどう、ゆず、ブルーベリー、兼六園菊桜の花びら、ウィーン産のぶどうなどから抽出した染料を用いて美しく染色された生地を用いている。

 ドレスのデザインは共立女子大学家政学部被服学科の学生が原案を提案し、同学科の宮武恵子教授が10体のデザインを作成した。草木染の生地は、福井県の現代的な染色技術を持つ企業や、石川県および福井県の伝統技術を守る織物企業の協力を得て作製した。

 また、加賀友禅作家の久恒俊治氏とファッションイラストレーターの鄭貞子氏が草木染染料を用いて友禅染めとイラストレーションを生地に施し、同学科の田中淑江教授が羽織に仕立てた。この活動に賛同した多くの企業・教育機関・団体が、パターン・縫製、ドレスの副資材・アクセサリー・靴の提供、ヘアメイクなどで協力した。

 ファッションショーは、同大学家政学部児童学科の村上康子准教授が演奏するピアノに合わせて行い、ファッションと音楽の融合も楽しむ趣向とした。学外のファッション関係者など約100人の参加者が、サステナブルであることとファッショナブルであることが両立可能であることを確認したショーとなった。

 本ファッションショーを含む一連の活動が評価され、JAISTと山梨県立大学は科学技術振興機構(JST)主催の「STI for SDGs」アワードの文部科学大臣賞を受賞した。この受賞に関連して、サイエンスアゴラ2019(2019年11月15~17日、テレコムセンタービル)および、エコプロ2019(2019年12月5~7日、東京ビッグサイト)にて制作したドレスの一部を展示し、草木染技術と地域連携活動を紹介するとともに、多くの来場者の目を楽しませた。

1) JSTホームページ「STI for SDGs」アワード受賞取り組み

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです