メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立命館アジア太平洋大

アジア太平洋カンファレンス ガバナンステーマに開催

アジア太平洋カンファレンスの様子

[PR]

 立命館アジア太平洋大(APU)は11月30日、12月1日に学術学会「アジア太平洋カンファレンス」を大分県別府市の同大で開催した。関係者約860人が聴講した。

 2003年より毎年開催しており、今年で17回目。著名な研究者を基調講演者として招くほか、分科会では幅広いテーマについて世界20カ国・地域より集まった約60機関の研究者ら約200人が研究発表を行った。英語で開催する人文・社会科学系の学術学会としては日本最大規模といわれている。

 今回のテーマは「アジア太平洋におけるガバナンス:政治、経済、ビジネス、環境」。同大の出口治明学長が開会スピーチを行い、デ・ラ・サール大学国際関係学部教授、アルベルトデルロザリオ戦略研究・国際関係研究所(ADRI)評議会委員でもあるレナート・デ・カストロ氏が「変容するインド太平洋地域における国際的ガバナンスの探求」をテーマに基調講演を行った。

 その他分科会では教育、国際関係、観光、言語教育、国際ビジネス、アジア太平洋学など幅広い分野の発表を実施したほか、来年開学20周年を迎えるにあたり、今年同大に開設されたインクルーシブ・リーダーシップセンターによる特別分科会も実施した。44の分科会のうち35件は英語開催(通訳なし)で行われた。

立命館アジア太平洋大

公式HP:http://www.apu.ac.jp
所在地:〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1
電 話:0977-78-1111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです